2017年10月24日

東京英才学園の英才コースとは

東京英才学園では知能指数(IQ)を伸ばすための英才コースがあります。
このコースは2〜6歳児対象の幼児教室で、1〜4人の個別指導で行ないます。
ここでは、子供一人一人の個性を生かし、考える力を養って感性を豊かにし、知能指数(IQ)を高めるための英才教育を行っています。

授業では知能指数(IQ)を伸ばすための教材「考えるおもちゃ」を使います。
「考えるおもちゃ」は100種類以上ある幼児用の教材で、幼児教育について研究を重ねている「知能研究所」が開発したものです。
「考えるおもちゃ」は、小さい子供でも興味を持てるように工夫された教材になっています。
ときには、ゲームをしながら図形や数などに触れ、知能教育に必要なカリキュラムを行なっています。

授業は1〜4人の個別指導なので、先生の目が子供全員まで行き渡っていて、アットホームな雰囲気で授業が進められます。
子供たちはそこでできた友達と協調し、また競い合いながら、どんどん知能が伸びていきます。
子供たちは充実した時間を楽しみながら、知能を伸ばすことができるのです。

人間の脳重量は非常に早く発達するので、IQは8〜9歳ぐらいまでしか伸びないようです。
だから、小さいうちに知能を開発しておかないと、大きくなってからIQを伸ばすのは困難になってくるのです。
IQが本当に伸びるのだろうか・・・と思われるかもしれませんが、東京英才学院では、IQが1年間で平均20上がるという実績を残しているので信頼できますね。
子供の英才教育に興味がある方は、東京英才学園に問い合わせてみて下さい。
posted by 学習塾 at 10:58 | TrackBack(0) | 東京英才学園